Crytek、ゲームエンジンCryEngine Vの一部としてリアルタイム映画制作向けに「Film Engine」をFMX 2016で初披露することが明らかに

2016年4月26~29日にドイツで開催されるイベント「FMX 2016」にて、Crytekは2016年3月に無料公開された最新ゲームエンジン「CryEngine V」のリアルタイム映画制作向け新コンポーネント「Film Engine」を発表することが明らかになりました。

Film Engineは、Cinema Sandbox(Cinebox)の後継として位置付けられており、単体製品ではなくCryEngine Vの一部として構成され、イベントでは、AMD、ARRI、OptiTrack、Ncamと一緒にVirtual Production Stageを提示するとしています。

film_engine_logo-1024x386

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る