Gear VRへ4Kライブ配信。VideoStitchが4Kライブストリーミング360°カメラ「Orah 4i」を発表

VRライブ配信ソフトなどを開発しているフランスベースのVideoStitchは、コンパクト4Kライブストリーミング360°カメラ「Orah 4i」を発表しました

スクリーンショット 2016-04-07 9.32.46

Orah 4iは、キャプチャしてから自動的にリアルタイムスティッチ、ライブストリーミング配信を可能にするVRカメラです。ライブストリーミングは、VideoStitchアプリを通じてGear VRで動作させることができます。ライブストリーミングの場合、フレームレートは30fps、解像度は4K。ただし、30秒の遅延があるとのことです。録画した映像は、YouTubeやFacebookなどのプラットフォームにそのまま公開できます。

同社CEO NicolasBurtey氏は、声明でこう述べています。

We have developed a solution that streams 4K resolution live virtual reality video to headsets–all with the push of a button.

ボタンを押すだけで、すべてのVRヘッドセットへ4K解像度のライブVRビデオをストリームするソリューションを開発した。

カメラには、4つのF2.0魚眼レンズ、4つのSony Exmorイメージセンサー、3Dオーディオ収録のambisonicマイクロフォン4つ、プロセッサにAmbarellaビデオチップが2つ搭載しています。

当カメラシステムでストリーミングする場合、「Stitching Box(Linuxを実行するPC)」に有線ケーブル1本を繋げて実行します。Stitching boxは、四角い形をしており三脚の下に配置できるほどの大きさで120メガバイトのSSD、Intel CPU、Nvidia GeForce GPUを搭載しています。カメラへの接続も電源供給もPOE方式で行います。

system-1

プロシューマーを対象にプレオーダーも始まっており、2016年4月30日まで半額セールの1,795ドル(MSRP 3,595ドル)で予約注文受付中。日本への送料は180ドルで合計1,975ドル(21.6万円)(関税は含まれていません)。2016年7月より先着順で発送されます。公式ページはこちら

カメラスペック
  • カメラ寸法:重量480グラム 80x70x65mm
  • ビデオ解像度4096×2048 H.264ハイプロファイル(4K)
  • キャプチャフレームレート:30fps
  • Audio 4チャンネル Ambisonic @ B-Format
  • プロセッサ:2× Ambarella™ processor
  • イメージセンサー:4x Sony EXMOR™
  • レンズ:4x f2.0魚眼  fisheye 8-Layer MC Glass
Stitching Boxスペック
  • プロセッサ:Intel CPU & Nvidia GeForce GPU
  • ストレージ120ギガバイト M.2 SSD
  • ポート:マイク(1)、ヘッドセット(1)、USB 3.0(4)、USB 2.0(2)
  • Dual Gigabit LAN, Wi­Fi 802.11ac/b/g/n Bluetooth 4.0
  • 5から25 Mbpsのビットレート

 

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る