米マクドナルド、HTC Viveを使用したVRコンテンツ「V-Artist」を披露。ペイントボールやカラーブラシでVR空間に3Dペイント

毎年3月に米テキサスで開催された巨大イベント「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」にて、マクドナルドは「V-Artist」というVR体験を初披露しました。V-Artistは、HTC ViveとSteamVRコントローラーを使用してVR空間でペイントできるコンテンツです。2つのコントローラー、ペイントボールシューターと6本の筆が備わっているカラーブラシを使ってマクドナルドの箱を見立てたキャンパスへリアルタイムにペイントします。

V-Artistは、VRを得意とする米ダラスベースのスタジオ「GROOVE JONES」と共同で制作しました。Unreal Engineを使用しています。

1458901343

プレイしている自分を共有

今回の展示では、VR体験している自分の姿を外から撮影してSNSへ共有できるという仕組みを取り入れていました。「GrooveTech」という独自プラットフォームとカメラを同期し、あとからユーザーがその写真と共にシェアすることができるというもので、実際に3D空間でペイントした作品も一緒に共有可能となっています。また、その作品はプリントアウトして持ち帰ることも。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る