MasterCard、ゴルフPGAツアーでVRを介して商品紹介・購入・決済までVR内完結eコマースを提供

MasterCardは、ゴルフPGAツアーにてVRを介したeコマースを実施しました。同社は、Arnold Palmer Invitational (API) PGAツアーの訪問者にVRヘッドセットを通したVR内にて商品の提示・購入・支払いまでの新しい決済方法を提供しました。

c-1-930x523

VRにはティーオフのプロゴルファーGraeme McDowell氏が映し出され、彼が着ている服や靴などのアイテムが表示されその場で購入できるというもの。VRデバイスなどを開発するWearalityと提携してプロジェクトを実施。Wearalityは、スマートフォンと連結させて視野角150°を実現させる折りたたみ式VRデバイス「Wearality Sky」を開発している会社です。

Screenshot_20160309-115151-800x450

MasterCardは、ノーキャッシュで購入できるQkr!™というスマホアプリ内決済システムを展開していて、今回もVR内にて支払いまでノーキャッシュで行える仕組みを実行しています。詳細は分かりませんでしたが、仕組みとしては、おそらく予め制作したVR映像をアプリを通して訪問者に視聴させeコマースへ誘導させたということだと思います。

ともあれ、重要なのはVR内決済の可能性を提示したことにあるのではないかと思われます。例えば、Next VRにみるスポーツのライブVR放送にからめて今回のeコマース決済システムを導入すれば、各スポーツに関係するアイテムをその場で販売することができる。スポーツだけでなく、音楽ライブコンサートでのグッズ販売、もちろんライブでなくても360°映像でも関連づけることができれば収益に繋がる。そんなノーキャッシュのVR内決済という仕組み、今後の潮流になるのかもしれません。

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る