Unity、リアルタイムレンダリングの短編映画「Adam」の映像を一部公開。Unity 5.4ベータ版リリースおよびHololens・NVIDIA:VRWorksなど複数サポートを発表

Unity 5.4 パブリックベータ版

Unityは、GDC2016にてUnity 5.3.4のリリースを発表、それにはUnity 5.4のパブリックベータ版が含まれています。個人ユーザーは、5.4を利用できるようになります。5.4は、新しいビジュアル機能、パフォーマンスの向上、および主要なVRレンダリングのアップグレードに焦点を当てています。5.0との比較画像も披露されました。

unity-5.0-versus-5.4-1024x576

VRへのサポート

Unityはまた、多数のVR/ARプラットフォームへのサポートを発表しました。今までOculus Rift、Gear VRを対応していましたが、今回新しくSteam VR、PlayStation VR、Google Cardboardへ対応。そして、MicrosoftからHololens、DirectX、Visual Studio。チップメーカーからNVIDIAのVRWorks™、AMDのLiquidVR™がサポートとなりました。

Unityショートフィルム

Unityはまた、Unityエンジンで開発したリアルタイムレンダリングの短編映画「Adam」の一部を公開しました。全編はアムステルダムで開催されるUnite Europe 2016にて披露されます。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る