モバイルVR向けソーシャルアプリ「vTime」初のGoogle Cardboard対応ソーシャルVRプラットフォームアプリへ

Gear VR向けにソーシャルVRプラットフォームアプリ「vTime」をリリースしているイングランドベースのVRチーム「Starship」は、Google Cardboardアプリへの対応・早期アクセスを発表しました。

スクリーンショット 2016-03-13 6.34.15

vTimeは、2015年12月にリリースした最大4人までの人型アバター同士が1つのVR空間でチャットや音声会話を駆使して交流できるモバイルVR向けソーシャルアプリです。プレイヤーは友だちリクエストで交流者を選択したり、趣味などに合わせたランダムマッチモードで相手を選抜したりで、交流する人を探します。(プロファイルセクションは現在開発中。)場所の選定をしボイスチャットで交流です。

アバターのカスタマイズは、服、顔の毛、性別、肌の色など細かく設定が可能。場所も、キャンプ、海辺、岩場、宇宙など複数のライブラリが用意されています。音声に合わせて口や体は動きますが、自由に移動したりといった行動は取ることができません。視線ベースのハンズフリーで、その場で雑談といったイメージです。ですので、Google Cardboardへの対応も可能になったということです。2016年内には、PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveといった主要VRヘッドセットへの対応もする予定としています。アプリはこちら:vTime・Google Play

互換性のあるモバイル端末は以下です。

  • Nexus 5
  • Nexus 4
  • Nexus 6P
  • Nexus 6
  • LG G3
  • HTC One M9
  • Samsung S3
  • Samsung Note 4
  • Samsung Note 5
  • Samsung Galaxy S6
  • Samsung Galaxy S7
  • Samsung Galaxy S6 Edge+
  • Samsung Galaxy S7 Edge

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る