HTC Vive採用のトラッキングシステム「Lighthouse」ルームスケールVR推奨最大エリア以上の対角線上27フィート(約8.2m)を動作テスト

HTC Vive向けのシューティングVRゲーム「HOVER JUNKERS」を開発しているStress Level Zeroは、Valveのトラッキングシステム「Lighthouse」の実験デモを動画で公開しました。その実験とは、推奨される最大のルームスケールVRをさらに広げても機能するかというテストです。

レーザー発射装置ともいえる2つの「Base Station」を対角線上に設置し、VRヘッドセットやコントローラーの位置をリアルタイムに検知するLighthouseですが、Viveマニュアルで推奨するルームスケールVR(プレイエリア)は最大で対角線上16フィート(5メートル)としています。今回、実験で行ったのは、対角線上27フィート(8.2m)と11フィート増(約3.3m増)での調査です。映像では、正確に動作しているのが見て取れます。ルームスケールVRの正確な限界範囲は不明ですが、対角線上27フィートでは一応動作するようです。

なお、Base Stationはそれぞれ電源コンセントに接続する必要があり、彼らはBase Station下にバッテリを配置しそこへ接続しワイヤレスとして機能させています。ちなみに、マニュアル(PDF)によると最小エリアは、5フィートx6.5フィート(1.5メートルx2メートル)としています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る