製品版HTC Vive、価格は799ドルと公式発表、4月出荷、新機能「Vive Phone Services」も発表

スペインで開催されたMobile World Congressにて、製品版HTC Viveの価格が公式発表されました。価格は799ドル。VRヘッドセット本体、SteamVRコントローラー2本、SteamVRトラッキングシステム「Lighthouse」を構築するベースステーションが2台、「Job Simulator: The 2050 Archives」と「Fantastic Contraption」の2本タイトルが同梱されます。プレオーダーは東部時間2月29日午前10時(日本時間3月1日0時)、発送は4月1日から。対象国は日本を含む24ヶ国となっています。

HTC-Vive-Headset-Consumer-Launch-Side-680x436

新機能として、「Vive Phone Services」というBluetooth経由でVRヘッドセットと携帯端末を連携させメールや電話を送信する機能も発表しました。VR内にいながら携帯デバイスを通して現実世界と通信できるという、携帯メーカーHTCならでは。動作PCスペックは以下。

Screen-Shot-2016-02-21-at-9.09.13-AM

発送対象国:米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、アイスランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スイス連邦共和国、アイルランド、スウェーデン、台湾、中国、日本、オーストラリア、ニュージーランド。

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る