ロサンゼルスにてドリームワークス元メンバーなどによる新しいVRコンテンツ制作チーム「The Rogue Initiative」が始動

アンブリン・エンターテインメント、ピクサー、ドリームワークスアニメーション、ソニーピクチャーズ、ディズニー、それに加えてゲーム会社のInfinity Ward、Treyarchなどの元メンバーによって結成されたロサンゼルスベースの新たなVRコンテンツ制作チーム「The Rogue Initiative」が始動しました。

TheRogueInitiative_Header

TheRogueInitiative_ConceptArt_1

同社は、Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation VR、Gear VRなど向けのVRコンテンツだけではなく、映画、ゲーム、テレビ、ネットフリックス、Huluなどに向けたコンテンツも制作するスタートアップスタジオです。ファウンダーには、ドリームワークスに10年以上在籍し、8年以上ゲーム会社Infinity Wardに在籍しFPSゲームのモダン・ウォーフェアシリーズに関わったPete Blumel氏、ドリームワークスにてカンフーパンダやマダガスカルなどの映画を担当したCathy Twigg氏などが含まれています。

特定のプロジェクトは発表されていませんが、プレスリリースによるとアクションタイトル、サイコスリラー、アニメーションベースのアクションアドベンチャーに取り組んでいるとしています。制作には、ゲームエンジンUnreal Engine 4を使用。CEO:Blumel氏による新しい会社のビジョンは、VRのために、インタラクティブな体験を作成する優秀なゲーム開発者とハリウッドで最も成功したストーリーテラーと映画制作者とが協力できるスタジオを作成することです。と、ハリウッドでの最初のコラボレーションはまもなく発表されるとしています。なお、同社はPresence Capitalなどによるシードラウンドの投資を開始しました。公式サイトはこちら

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る