Unity、Oculus Rift+Touchを使用してVR内で3Dコンテンツを制作するVRエディタを披露

現地時間2016年2月10-11日にUnity主催で開催しているVR/AR向け開発者カンファレンスVision Summitで、Unity TechnologiesのPrincipal Designer:Timoni West氏が登壇し、Oculus Rift CV1とTouchコントローラーを使って、VR内で3Dコンテンツを制作するUnity VRエディタを披露しました。

デモでは、Oculus Touchを使用して、アセットを引き出し、配置し、サイズを変更し、彼女の周り全体のバルコニーのシーンを作るために多くの修正を行いました。VRエディタでいえば、Epic Games社のゲームエンジンUnreal Engineも先週プレビュー映像を公開しました。どちらもまだ初期段階といったところで、これからの展開に期待されます。

unity-virtual-reality-scene-edtor-2-680x383

 

参考

関連

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る