[公式発表]マジックリープ、7億9,350万ドル(約940億円)をCラウンドで資金調達「Mixed Reality Lightfield™ experience」

フロリダのスタートアップMagic Leap社は、今日シリーズCラウンドとして$793.5Mドル(約940億円)の資金調達を同社公式サイトで発表しました。投資はアリババグループが主導し、継続的な投資家にGoogle Inc.、Qualcomm Incorporated、Qualcomm Venturesなど、新しい投資家には、Warner Bros、JP Morgan Investment Management、Morgan Stanley Investment Management、including Fidelity Management、T. Rowe Price Associatesなどが上げられています。

スクリーンショット 2016-02-03 9.06.47

Magic Leap社の創設者でありCEOのRony Abovitz氏はこう述べます。

Magic Leapは、デジタルと物理的な現実をシームレスにブレンドし、そして驚くような新しい体験を可能し新しい世界を創造しています。この投資は、すべての人に私たちの新しい「Mixed Reality Lightfield™ experience」をもたらすため加速します。そして、Magic Leapは、画期的な製品導入を支援する戦略的パートナーとして、アリババを歓迎することに興奮しています。

同社は、以前にもグーグルやクアルコムといった著名出資者からシリーズBラウンドとして5億4,200万ドルの資金調達をしています。

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る