別々のルームスケールVR内からHTC Viveを使用してマルチプレイしてる映像、俯瞰視点と小人視点の切り替えも

Codeloaf Studiosが開発中の3Dフォトスキャンした立体画像をHTC Viveを使ってVR内でぐりぐり閲覧するというコンテンツがyoutubeにアップロードされていました。

スクリーンショット 2016-01-15 18.33.12

3DモデルビューアーサービスSketchfabにアップロードしてある立体画像をVR内で見るということをしますが、特徴的なのが俯瞰視点と小人視点の2種類バージョンがあるという点です。両視点の切り替えも可能で、SteamVRコントローラを使って自由に切り替えています。映像ではロボットのようなアバターがテーブルの上に置かれた立体画像を巨人として外から見たり、中に入って小人として見たりしています。

12-compressor

さらに、最新映像ではマルチプレイも実証していて、別々の場所にいる2人が同じVR内で同時に立体画像を見ていることを実現しています。もちろん俯瞰視点と小人視点の切り替えも自由です。自分が小人で相手が巨人の場合、相手が大きく見えるようにもなっていますし、アバター同士、手を振ったりといったコミュニケートもしています。Oculus TouchのデモゲームToy Boxのようにオブジェクトを投げあったりといった事は収録されていませんが、両者ともそれぞれのSteamVRトラッキングシステム「Lighthouse」ルームスケールVR内でHTC Viveを使ってマルチプレイを実行しています。

巨人視点と小人視点でいえば、以前「Dollhouse VR」というシステムも記事にしました。

 

関連

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る