VR内でVRコンテンツも開発できる、仕事環境をVR内で拡張するアプリ「Envelop VR」550万ドル(約6.4億円)を資金調達

米国のVRスタートアップ「Envelop VR」は、Google Venturesから550万ドル(約6.4億円)のシリーズAラウンドの資金調達完了を発表しました。シードラウンドでは200万ドル(約2.3億円)の資金調達を完了しているので、今回のと合わせて750万ドルを成立させたことになります。

スクリーンショット 2016-01-14 10.33.06

Envelop VRは、仕事の生産性、効率を上げるためのVRソフトウェアを開発しているチームです。VR内では無限のワークスペース、無限のモニターが整備され、マルチタスク可能なVRデスクトップ環境を提供するアプリになっています。平面だけでなく、3Dとしてグラフを表示させたり、3D製品モデルを可視化させたり、そして、公式サイトによると、VR内でVRコンテンツを開発できる環境も提供するとしています。2Dでコーディングしコンテンツ制作、VRヘッドセット上でテスト、戻ってデバックという流れを一括してVR内で完結してしまうということです。

Oculus Rift、HTC Viveの製品版発売に合わせてソフトウェアをリリースする予定としています。

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る