Google、バーチャル・リアリティ部門を新設

GoogleがVR部門を新しく設立する準備を進めている、とする情報筋の話をRe/codeが報じました。新しく設立する部門の責任者には、現在Google Apps、Gmail、Drive、Cardboardの責任者Clay Bavor氏が就任すると見込んでいます。

1

GoogleのVR活動といえば、Cardboard、jumpプロジェクトが目立っていますが、やはり桁違いの投資をしているMagic Leap(マジックリープ)が気になるところです。マジックリープがVRなのかは定かではありませんが、実在感を感じさせてくれるという意味では同類として気になるところです。

関連

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る