大阪発ジェスチャー操作可能なARデバイス「mirama ONE」指をフレームにして写真撮影など

大阪ベースの会社「株式会社ブリリアントサービス」は、株式会社テレパシージャパンと共同ブースでCES 2016に眼鏡型ARデバイス「mirama PT4」と「mirama ONE」を出展しました。

mirama_one_shadow_ces
(mirama ONE)

現在のスマートフォンがスマートグラスに取って代わる、同じ立ち位置になることをゴールに開発中の「mirama」は、現実世界に重ね合わせる形でCGを映しだします。それに加え、眼鏡に内蔵されたRGBカメラとデプスカメラ認識によって、ジェスチャーによるインタラクティブな操作を可能にします。

独自のジェスチャー入力インターフェイスが特徴で、親指を立ててEnter入力されたり、両手でフレームを作りシャッターを押すジェスチャーで写真が取れたりと多様です。その他にも音声認識、翻訳システム、サーモグラフィシステムも備わっています。特許も多数出願中。オペレーティングシステムは、独自開発のMirama OSを使用しSDKも無料で利用できるようになっています。

patents2

2017年には、消費者版「mirama ONE」の発売を予定にしていて、ケーブルで繋がったバッテリーとコンピューテーションユニットはポケットサイズまで縮小され、普通の眼鏡レベルまで重さも見た目も持っていくとしています。202x年にはケーブルレスのシンプルなデザインも目指します。公式サイトはこちら。多様なジェスチャー操作がよく分かる動画はこちらから。

 

関連

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る