HTC Viveを使用してVR空間に48時間体験し続けるパフォーマンス、Youtubeでライブ放送中

ドイツ・ベルリンで、HTC Viveを装着して48時間VR空間に途切れることなく体験し続けるという実験パフォーマンスをしている男がいます。名前は、Thorsten S. Wiedemann氏。ベルリン時間の1月8日13時〜1月10日13時まで。(日本時間8日21時〜10日21時まで)執筆現在も続行中で、その模様はYoutubeで常にライブ放送されています。

スクリーンショット 2016-01-09 22.48.25

全身ピンクのジャージを身につけHTC Vive/ヘッドフォンを装着、SteamVRコントローラーを駆使してゲームをしたり、現在の心境をインタビューされたりしています。Steamのトラッキングシステム「Lighthouse」内、4m×3m×高さの空間内での実行になるので、お風呂はもちろんトイレに行くこともできません。トイレは、携帯用尿コンテナを使用して右の白壁後ろに隠れてします。その他はアシスタントが常にフォロー。画面には、プロジェクトに関わる企業ロゴが掲載されています。

視聴者は退屈なので、ニコニコ動画など弾幕コメントを打ち込める環境下の方が面白いコンテンツになるかもしれません。実験的というか、ニコニコ生放送でVRヘッドセットをかぶってVR内で1日中ゲーム実況するみたいな、これからそういうのが出てくる気もします。VR実験でいえば、過去にも28日間Oculus Riftを装着して他人の人生を体験させられる人体実験「Seeing I」というのがありました。

 

関連

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る