ポップでコンパクトな高性能4K 3D 360度VRカメラ「Vuze」スマホアプリで操作

ポップで軽量な一般向け3D 360°VRカメラ「Vuze」が登場しました。スマホと連携しての操作、通常使用には申し分ないスペック、独自ソフトでのBGM、ロゴなどの編集、VRモードへの変換、youtubeやFacebookへの投稿など、一通りのことが出来てしまうバランスのとれたデバイスです。

humaneyes-vuze-camera

色は、黄、青、赤、黒の4色。スペックは、12x12x3センチ、250g、8つ備わったフルHDカメラ、ほぼリアルタイム処理なシームレスステッチ、4K解像度の動画、USB 2.0、SDカード、Wi-Fi、操作とリアルタイムプレビューはスマートフォンアプリ(iOS/Android)でコントロール。VR制作と編集は、独自のソフトVuze Studioを使って、タイトル、オーディオなどを挿入しVRムービーへ変換。アクセサリーとしては、テーブル三脚と、Homidoと提携したスマホ型VRヘッドセットがあります。公式サイトはこちらから。

スクリーンショット 2016-01-06 2.24.40

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る