VR体験に重低音オーディオ体験を、リュック型のサブウーファー「SubPac M2」

ロサンゼルスベースのSubPacが開発中の着るサブウーファー「SubPac M2」は、リュックのように背負うウェアラブル重低音システムです。音楽に合わせて振動するオーディオ体験をユーザーに与えます。特許出願中のシステムは、Bluetoothで転送された音楽データをもとにリズムにあった振動を提供し、連続再生6時間を可能に。

1

VRとの連携も考えられていて、VR体験の臨場感を上げるガジェットとしてもアピールしています。今回のリュック型の他に、S2という椅子の背中に置いて使うシートバックウーファーも販売しています。公式サイトはこちら。M2の価格は399ドル(約4.8万円)です。

12-compressor (1)

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る