HTC ViveとレーザーベースのLighthouseベースステーション、連邦通信委員会から安全に使用する承認を取得

2016年4月を発売予定にしているPC向けVRヘッドセット「HTC Vive」と、そのセットで使われるSteamVRトラッキングシステム「Lighthouse」のベースステーションがFCC(連邦通信委員会)の承認を受けました。

1

米連邦通信委員会は、安全および規制に適合するように電磁放射の製品を証明する使命を帯びています。それにあたり、ラジオ、無線LAN、赤外線を利用した製品は認証が必要、今回、消費者版HTC ViveLighthouseベースステーションを承認しました。

2つのベースステーションを部屋の対角線上、隅上段に配備、4m×3m×高さの空間内でVive装着者の動きをトラッキングするシステム「Lighthouse」ですが、その仕組みというのは、ベースステーションから放たれた光レーザーをVive側に散りばめられたセンサーで受信する構造になっています。ですので、FCCはレーザーベースの製品に課せられる安全に使用するための規則を満たしていることを承認したことになります。2016年2月にViveプレオーダーを発表しているHTCにとって、順調な流れです。

関連記事

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る