HTC Vive、中国のネットカフェに特設アーケードコーナー「Viveゾーン」を設置する計画

HTCは、VRヘッドセット「Vive」を将来的には中国のインターネットカフェでアーケードゲームとして提供する計画を立てています。

1

ネットカフェソフトプラットフォームのプロバイダーShunwangとタッグを組んで実行します。Shunwangは、ネットカフェで使用されるソフトウェアの中国市場70%を支配し最大100万人の顧客をサポートするとしています。ゲームによっては、10分程度2〜5米ドル相当の費用がかかると、ゲームセンター的要素な感じです。にしても、日本に比べてネットカフェ=ゲーム要素が強いマーケットだけに妥当な戦略なように思えます。

(中国のネットカフェレポ映像)

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る