Pixvana、高品質なVRストリーミング映像をクラウドベースで処理および配信プラットフォーム構築のため600万ドル(約7.3億円)を資金調達

クラウドベースでVR/ARのビデオ処理と配信プラットフォームを構築することに取り組んでるシアトルを拠点とするVRスタートアップ「Pixvana」は、600万ドル(約7.3億円)の資金を調達したと発表。Vulcan Capital、著名のエンジェル投資家からMadrona Venture group主導で投資を受けました。

1
共同設立者のForest Key(左)とBill Hensler(右)

Apple、Adobe、Microsoft、Lucasfilmなどの元社員で結成され、現在新たな人材も募集しています。そんな同社がVRで抱える課題の1つ、データを読み込みながら同時に再生するストリーミング方式だとVRはとりわけファイル容量が大きく低画質になる問題、ということを解決します。2016年にはプラットフォームを市場にリリースする予定で、詳細は分かりませんが、モバイル/PC向けVRヘッドセットと幅広く互換性を有すると言います。

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る