Mozilla、WebサイトをVR対応にする「A-Frame」をリリース、1行コードで開始

Mozillaは、WebGLを知らなくてもwebサイトをVR対応にするためのオープンソースライブラリ「A-Frame」をリリースしました。

スクリーンショット 2015-12-17 11.44.25

しかも、手順がとても簡単で、まず以下の1行コードを貼り付けて基礎を形成。

<script src=”https://aframe.io/releases/latest/aframe.min.js”></script>

あとは、マークアップで記述すれば、簡単なVR対応Webサイトの出来上がりです。詳細なドキュメントも一緒に公開されていて、入門ガイドやFAQなどが見れます。

視聴者はVRヘッドセットを使用していない場合は3Dとして表示。公式サイトではサンプルがいくつか用意されていて、グリグリ動かしたり、メガネマークでVRモードにして体験したりできます。A-Frameのサイトはこちら。 

ページ上部へ戻る