Oculus創設者パルマー氏、Oculusトラッキングセンサーを使ったルームスケールVRが正常に動作した事をツイート

Oculus創設者パルマー・ラッキー氏が、Oculusトラッキングセンサーを対角線上に配置してルームスケールVRを行ったところ、正常に動作したと自身のTwitterで述べました。

ルームスケールVRといえば、HTC Viveが採用しているSteamVRのトラッキングシステム「Lighthouse」が代表的で、部屋の上段対角線上に2つのベースステーションを設置してヘッドセット装着者の動きを4m×3m×高さの空間内で追跡するというものです。それを真似してOculusのトラッキングセンサーを同じく対角線上に設置してみたところ、正常に動作すると述べ、その後、センサーではなく部屋(15×11フィート{約4.5m×3.3m})によって制限されてるとも書き込まれ、追跡範囲の限界を示していないことを示唆しています。

実は、E3 2015でOculus Rift CV1を使ったルームスケールVR(約3.6×3.6メートルの広さがあるデモルーム)のトラッキングを実現していて、しかし、Oculusはその点をアピールしていないことからも部屋制限のVR体験をプッシュしていないことが印象的です。

1

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る