HTCとNVIDIAの共催イベント前、エベレストのVR体験デモにちなんでユーザーにはリアル登山セットが届く

現地時間12月8日、英国ロンドンでHTCとNVIDIAが提携してイベントを開催します。製品版HTC Viveの詳細な販売日・価格は発表されていない中で、本イベントではHTC Vive向けに制作されたエベレストをVR体験するコンテンツ「EVEREST VR」がデモとして披露されます。

2

「EVEREST VR」は、アイルランドのVRチーム「Sólfar Studios」が開発したコンテンツで、11月には200万ユーロ(約2.6億円)の資金も調達している期待の作品です。映像はUnreal Engine 4(UE4)で制作、30万ものエベレスト画像をもとに成形、NVIDIAのVRSDK「GameWorks VR」も採用され高品質なコンテンツとなっています。

VR体験では、「登るモード」と「神モード」の2つがあり、前者は登山者視点でエベレストをVR体験し、後者は俯瞰視点でエベレストをVR体験します。そんな「EVEREST VR」をプッシュしたイベントですが、英国のジャーナリストやゲームYoutuberなどに事前のティザーパッケージとして巨大な木箱を送付しています。

中には、VRパスポート。そして、登山に必要なツールがいくつも。

とりわけアイスピッケル(登山用つるはし)は、箱からはみ出して梱包されてるくらい存在感があります。

もちろん、すべて主催者側のからかったマーケティングです。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る