VR空間に描いた3D絵が音楽に合わせてリアルタイムに動くPlayStation VR向けソフトウェア「The Easel」

先日、OculusとHarmonixのコラボレーションプロジェクト、ライブステージでVR演奏できる「Rock Band VR」の発表がありましたが(過去記事)、HarmonixはさらにPlayStation VR(PS VR)向けとして、「The Easel」という新たな試みをしていることが「PlayStation Experience 2015(PSX 2015)」にて明らかになりました。

1

VR内に3DペイントするソフトウェアといえばGoogleが買収した「Tiltbrush」などがあって、「The Easel」も3次元空間にコントローラーを使って立体絵を描くことができますが、さらに、それに加え、音楽によって動的に動くというシステムが作動します。オリジナル曲、プリセット曲を選択し、それら音楽のテンポなどを測定する同社独自の音楽解析システムにって動的エネルギーに変換、描いた3D絵をリアルタイムに動かします。

1-compressor

例えば、DJと絵描きがコラボして、音楽を流しながら一方では映像で動的3D絵を即興で披露していくなんてものが可能というわけです。動画では、ドラゴンボールの悟空が描かれ、かめはめ波を撃ってるシーンが収録されています。

 

参考

Harmonix’s New PSVR Experience, ‘The Easel,’ Changes the Way You Relate to Music – Upload VR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る