VRアトラクションゲーム施設「The VOID」の独自VRヘッドセット「Rapture」曲がったディスプレイ使用(片目2K・視野角180°)

米国で2016年オープンを予定しているVRアトラクションゲーム施設「The VOID」の独自VRヘッドセットプロトタイプ「Rapture」、Oculus Rift、HTC Vive、Play Station VRなどの消費者向けと違って、施設内でしか使わないため質重視の設計で作られるのが特徴です。内部を見てみると曲がったディスプレイを2つ使った構造をしています。

1

曲がったディスプレイ、有機EL曲面ディスプレイを搭載したヘッドセットは、片目2Kの解像度、視野角180°とされ、独自に開発したカスタムディアルレンズはオーバーラップ53度を提供すると言います。それに加え、両サイドに埋め込まれたハイエンドな三次元視聴ヘッドフォンからは、バイノーラルオーディオが耳に届きます。The VOID創立者Ken Bretschneider氏もデバイス開発のため、個人的に25万ドルを寄付したと言います。

The VOIDとは、ヘッドセットに加え専用ベストやグローブを装着し約330平方メートル内のゲームポッドをVRと連動して楽しむ米国ユタ州に建設中のVRアクションゲーム施設です。現在、ベータ版が開始されおり1人10ドルでゲームプレイできます。公式サイトより予約を受け付けています。

 

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る