青森ねぶた祭も協力、Googleは世界60以上の文化団体と協力し360°映像含めた文化的コンテンツを発信するサービス「パフォーミングアーツ」を公開

Googleは、20カ国以上の60を超える世界の芸術・文化団体と協力し360°動画などを駆使して提供するサービス「パフォーミングアーツ(the Performing Arts)」をCultural Instituteで公開、発表しました。

3

まず看板として公開したのが、オーケストラの演奏者視点3つからの360°映像コンテンツで、Cultural Instituteサイトとyoutubeで公開。ニューヨークに1891年創設のカーネギー・ホール協力のもと収録された、フィラデルフィア管弦楽団による「ペール・ギュント」の演奏が360°映像で視聴できます。

 

さらに、Googleストリートビューでは、世界の憧れのコンサートホールや劇場のバックステージにも入ることができるようにしています。

コンテンツでいえば、他にもリオデジャネイロ市立劇場で行われた演劇、イギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによるヘンリー五世、PARIS OPERAなど演劇、オペラ、バレエ、コンテンポラリーなど360°含めた映像が公開、映像だけでなく伝統的な文化衣装などの画像展示も公開されています。日本からは「青森ねぶた祭」が協力。

2

1

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る