サムスン、Gear VR用に最適化されたWebブラウザアプリ「Samsung Internet for Gear VR」を発表、視線操作可能

サムスンは、現地時間12月2日からGear VR用に最適化されたWebブラウザアプリ「Samsung Internet for Gear VR」を利用可能になると発表しました。

1

韓国サイトでは、「VR Internet」という名称で登場していましたが、今回は名称を変えての正式発表となります。アプリは、ユーザーが直感的にウェブを閲覧し、そのスマートフォンへのコンテンツをダウンロードすることなく、より臨場感あふれる雰囲気の中でコンテンツを楽しむことができます。

テキスト入力が直感的かつ簡単にするために、スクリーンキーボードと一緒に、音声認識コマンドを提供します。視線モード(Gaze Mode)では、ユーザーが指を持ち上げることなく、単にそれらを見つめることによってメニューを選択することができます。加えて、ユーザーのブックマークをインポート、管理することも可能でタブマネージャ機能もあります。映像コンテンツに関しては、HTML5ベースの動画だけでなく、3Dストリーミングと360度のコンテンツもサポートします。Oculus Storeから無料で公開されます。

user_genarated_image (2)

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る