Fove、ロボット「Pepper」との連携で遠く離れた祖母と自分の結婚式に参加して欲しい孫を繋げるVRコミュニケーション「HUG PROJECT」を公開

アイトラッキング搭載のVRヘッドセット「Fove」が、ソフトバンクグループのロボット「Pepper」とコラボした企画VRコミュニケーション「HUG PROJECT」を公開しました。

スクリーンショット 2015-11-28 6.36.33

スクリーンショット 2015-11-28 6.56.42

HUG PROJECTは、遠く離れた寝たきりのお祖母ちゃんと、自分の結婚式に参加して欲しい孫とをVRとロボットという最先端テクノロジーを使って繋げるプロジェクトです。愛知県犬山市から東京都港区まで約300キロ。お祖母ちゃんはFoveを装着して孫の結婚式にリアルタイム参加、式場では代わりにPepperが待機し遠隔操作。VRや音声による臨場感と没入感、あたかもその場にいるかのように再現されます。

1-compressor

動画でもありますが、花嫁がロボットをハグする姿、お祖母ちゃんが喜ぶ姿は美しく素晴らしいものでした。説明欄でも書かれてる一文が印象的です。「そんな世界中に溢れる『会いたいけど、会えない』をテクノロジーで解決するのが『HU­­­G PROJECT』です。」

そして、当企画の根源となる技術「視線の動きだけでロボットの挙動を操作する。」それが体現できた瞬間でもあります。Pepperへの通信は、インタロボット社の遠隔操作アプリ「インタコントローラ」のエンジンをベースにしています。

Foveは、以前にも肢体不自由な少年を視線でピアノ演奏させるというプロジェクトも実現していますので、視聴がまだの方はぜひ。

追記

全身モーションキャプチャシステムと連動して遠隔操作が可能になれば、本当のハグが出来てしまいます。

 

 

参考

バーチャルリアリティコミュニケーション/HUG PROJECT

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る