音声会話VRプラットフォーム「AltspaceVR」テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」を公式対応

VR内でアバター同士がテキストチャットなしに音声会話を楽しむVRプラットフォーム「AltspaceVR」が、「Wizards of the Coast(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト)」と提携し、VR内にテーブルゲームの「Dungeons & Dragons(ダンジョンズ&ドラゴンズ)D&D」をもたらすことを発表しました。

3

VR内の3D卓上にはD&Dがセットされ、それを囲むようにユーザーたちが群がりテーブルゲームをプレイします。D&Dは、もともと紙、鉛筆、サイコロ、そしてユーザー同士の会話を使ってルールにそってゲームをするテーブルトークRPG方式を採用していて、音声チャット重視のAltspaceVRには最適なコンテンツといえます。

1

D&Dは、ホビージャパン社から日本語版も発売されていますが、ゲーム業界全体としてもRPGの原点であり、世界初のファンタジーテーブルトークRPGということで、昔ながらのテーブルゲームと最先端技術VRとの融合に米国では話題になっています。とはいえ、2014年にリリースされた最新版をベースに設計しているので、内容は複雑です。ゲームインターフェイスは、AltspaceVR専用SDKを使用したアプリケーションとして構築されています。

2

そして、今回提携のWizards of the Coast社といえば、メガヒットしたトレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング(Magic: The Gathering)」を保有している会社でも有名で、AltspaceVRのヘッドデベロッパーBruce Wooden氏にマジック:ザ・ギャザリングのVR対応はありますか?と聞いたところ「それは素晴らしいだろう。」と答え、将来的なVR対応をほのめかしました。

D&D in AltspaceVRをプレイする場合はこちらから。

 

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る