Epic GamesとNVIDIAが提携、UE4.11からVRゲーム開発者向けSDK「GameWorks VR」利用可能へ

サンフランシスコで開催のVRX2015カンファレンスで、GPUメーカー「NVIDIA」のTony Tamasi氏は、Epic Gamesと提携していることを発表しました。Epic Gamesが提供するゲームエンジン「Unreal Engine 4(UE4)」と、NVIDIAが提供するVRゲーム開発者向けSDK「GameWorks VR」との連携を目的としています。

1

完全には確認されていないが、UE4.11へのアップグレードで、GameWorks VR対応が考えられるとのことです。複数のGPU駆動で描画性能を最大化する「VR SLI」、VR映像の中央を高解像度、各端を低解像度にして効率的にレンダリングする「Multi-Res Shading(coming soon)」、VRヘッドマウントディスプレイに直接映像を出力する「Direct Mode」、レンダリングの待ち時間を短縮させる「Front Render Buffering」、非同期タイムワープなどGPUスケジューリング制御を可能にさせる「Context Priority」が利用可能となります。

参考元

Unreal Engine to Add NVIDIA Gameworks VR Support, Including VR SLI – Road to VR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る