Google、学生にVR修学旅行を提供するプログラムを新しい3ヶ国含む15都市に拡大すると発表

Googleは、今年初めに発表し9月から実行中の「Expeditions Pioneer Program」というプログラムを行っています。これは、米国の学生たちへ容易に行けない場所、例えば、南極や熱帯雨林、ガラパゴス諸島、万里の長城、火星など120以上の場所をVR探索し学習してもらおうという企画です。Google Cardboardなどのキットを使って、VR修学旅行を体験してもらうイメージです。

1

すでに10万人以上の学生が体験していて、さらに、今後も、アレクサンドリア、ボルチモア、シンシナティ、デトロイト、インディアナポリス、ラスベガス、ニューオーリンズ、オーランド、フェニックス、​​ポートランド、ソルトレイクシティ、ワシントンDC、新しい国、カナダ、デンマーク、シンガポールの3ヶ国、合計15都市へ拡大するとも発表しました。

NextStop-blog

プログラムに興味ある教師たちは、公式サイトからサインアップすることができ、採用されればGoogleが実行するためのすべてのキットを持って出向いてくれます。各学校にもたらすためにスバルとも提携済み。コンテンツに関しても同サイトからパートナーを随時募集していて、既にアメリカ自然史博物館、スミソニアン、韓国国立中央博物館などと提携し今も拡大しています。

 

参考

Google for Education: The Expeditions Pioneer Program is coming to 15 new cities

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る