仕事環境をVR内で拡張するソフトフェア「Envelop VR」400万ドルを資金調達

ワシントン州ベースのVRチーム「Envelop VR」は、400万ドル(約4.8億円)を資金調達したと発表しました。

スクリーンショット 2015-10-29 8.26.42

Envelop VRは、VR内でマルチタスクを可能にするWindows用「VR Shell」のようなアプリケーションを開発するスタートアップです。今年の冬にリリース予定としています。

1

具体的な内容はまだ公開されていないので分からないですが、資金調達ラウンドを率いるベンチャーキャピタリスト「Madrona Venture Group」マネージングディレクターのMatt McIlwain氏が書いたブログによると、Envelop VRは、スマートヘッドセットのユーザーに対して個人用仮想環境やワークスペースを簡単に作成することを可能にし、それはOculus RiftやHTC Vive、スマートヘッドセットで動作する。と述べています。今の仕事環境をVR内でより拡張した作業スペースを構築するソフトフェアだと想像します。操作に関しては、キーボードとマウスの入力をサポートするとも述べています。

リンク

Envelop raises $4 million for multi-tasking VR software – UploadVR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る