ソニー、PlayStation VR対応新タイトルライナップ発表「鉄拳7」「グランツーリスモスポーツ」など

現地時間10月28日、フランスで行われたヨーロッパ最大級のゲームイベント「Paris Games Week」にて、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がメディア向けカンファレンス「PlayStation Media Preview」で、PlayStation VRの対応タイトルを発表しました。登壇したのは、SCEゲーム開発事業の責任者吉田修平氏(@yosp)。

1

  • 「鉄拳7」2016年発売。初となるか格闘系VR。(動画
  • 「Until Dawn: Rush of Blood」一人称視点(FPS)ホラーゲーム。リリース日は未定。(動画
  • 「グランツーリスモ スポーツ」2016年発売のグランツーリスモの最新作。(動画
  • 「Robinson: The Journey」美しい恐竜の世界をFPSで探求。ゲームエンジンCryENGINEを提供するCrytek社が制作。(動画
  • 「RIGS: Machine Combat League」3対3で対戦する複数人対応のロボット戦闘Eスポーツゲーム。(動画
  • 「Megaton Rainfall」FPSで空を飛び回りながら敵を倒す。(動画
  • 「Battlezone」映像が特徴のFPSサバイバルゲーム。(動画

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る