Oculus Rift消費者版ローンチタイトル、ラッキーの物語「Lucky’s Tale」約30億円を資金調達

2016年第1四半期に発売予定のOculus Rift製品版CV1のローンチソフト「Lucky’s Tale」が、2500万ドル(約30億円)の資金を調達したと発表しました。

3

具体的な投資家は発表されていませんが、テキサス州に本社を置く開発元「Playful」の創業者兼CEOのPaul Bettner氏は、この資金を元に最新の技術に投資し強化すると述べています。

3

「Lucky’s Tale」とは、主人公であるきつねのラッキーが妹を探すため冒険する物語で、ファンタジーに囲まれた3Dアニメーションの中を三人称視点でカワイイ敵を踏んで倒したり、水の中を泳いだりして突き進みます。プレイ動画もぜひ。

リンク

Gamasutra – Lucky’s Tale developer Playful nets $25 million

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る