ビョークの360°PVにも参加したTwo Big Ears、クロスプラットフォームの3D・VRオーディオ・レンダリングエンジン「3Dception Spatial Workstation」を発表

ビョークの360°PV「Stonemilker VR」のレンダリングも供給した3D空間オーディオ専門会社「Two Big Ears」は、VRサウンドを編集するためのオーディオ・レンダリングエンジン「3Dception Spatial Workstation」を発表しました。シネマティックなVR映像に臨場感ある3Dサウンドトラックを作成レンダリングすることができるソフトフェアです。

スクリーンショット 2015-10-22 10.19.19

既存のDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)、Pro Tools、Reaper、Nuendoなどと同期させて、使い慣れたDAW環境の中で360度ビデオ、VRデバイスなどを動作させミキシングすることができます。DAWとVRのパイプラインになり、Windows, OSX, Android, iOS, HTML 5など多様なプラットフォームで動作するクロスプラットフォームです。

スクリーンショット 2015-10-22 10.40.55

(手前が3Dceptionで後ろが既存のDAW)

デスクトップ上で、VRヘッドセットのヘッドトラッキングを活用したリアルタイムプレビューも可能。

スクリーンショット 2015-10-22 10.27.35

ネイティブアプリ、SDKやUnityなどの一般的なゲームエンジン、ドキュメント、サンプルコードなどとの容易なサポート統合も提供しています。現在は、公式サイトから連絡し見積もりを取得してから手に入れる仕組みになっています。3Dオーディオのデモ動画はコチラ

スクリーンショット 2015-10-22 10.27.20

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る