現実と仮想を連動させたVR施設「The Void」で婚約のプロポーズをするサプライズ動画が公開

物理空間と仮想空間を連動させたVRアトラクション施設「The Void」が、今月から始まったベータ版のPRともいえる動画を公開しました。VR内で婚約指輪を渡しプロポーズするサプライズ動画です。

スクリーンショット 2015-10-10 15.48.49

以前、Valveスタッフの男性が「HTC Vive」を彼女に装着させてVR内で仮想指輪とともにプロポーズしたというのを記事にしましたが、今回のは男女共にVR内に入り込んでのプロポーズです。人も指輪もすべて仮想内で完結。

スクリーンショット 2015-10-10 16.11.01

男性側であるEnosがVoidにリクエストをして、受け入れたところから始まります。Voidには独自で開発された専用のVRデバイスが3つあり、「Rapture HMD」「Rapture Vest」「Rapture Gloves」、頭、体、手とすべて装着しなければいけません。彼女であるMichelleも同じく装着し、ベータ版にもある古代の寺院を探索するステージをマーカー付きのたいまつを持って1人で体験を開始します。途中に待ち受けているのが指輪を持ったEnosです。相手がどう映るかの映像はおそらくお初です。(手には指輪が入った箱が)

スクリーンショット 2015-10-10 16.24.36

もちろんその指輪の箱にもマーカーが取り付けられていて、中には本物の指輪がスタンバイされています。Enosは告白の言葉を述べながら片膝を立てしゃがみ、指輪を取り出し彼女の指にはめこみ、そこで両者HMDを外してハグ、キス、ハッピーエンドです。

スクリーンショット 2015-10-10 15.49.45

最後は、「Welcome to THE VOID」のナレーションで締めくくりです。男女共にVR内に入ってのプロポーズは、世界で初めてではないかと思います。今後は、水中で結婚式みたいに、VR内で結婚式も全然ありそうです。

さて、そんな素敵な動画をアップしたThe Voidですが、公式に解禁されるのはユタ州で2016年夏を予定しています。今月から始まったベータ版は、予約が開始されており今回の「Dimension One(古代寺院の探索)」というステージの他に「Unreal Tournament Void(アンリアル・トーナメント)」「Research Facility(怪しい研究所の探索)」「Poly Defense(魔法クリスタルの防衛)」の4つが用意されています。

スクリーンショット 2015-10-10 16.39.43

その中でもEpic Games社が開発したスポーツ系FPS「アンリアル・トーナメント」が、対戦型として体験できるのはかなり面白そうです。ともあれ、こういった体や手もトラッキングされVR空間で体験ができる施設は、これからも注目のジャンルといえるでしょう。仲間と一緒に銃でソンビを撃ちまくるオーストラリア発のVR施設「Zero Latency」や、中国で建設中のVRとARを複合した巨大エンターテイメント施設も気になるところです。(過去記事

 

リンク

A VOID Special Request – YouTube

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る