ディズニー、塗り絵から3Dキャラクターを”ライブ”で映し出す独自のAR技術を明らかに(デモ動画あり)

Disney Researchは、ARを使って着色したキャラクターをライブで3D絵として浮き彫りにする技術を明らかにしました。

スクリーンショット 2015-10-06 9.29.21

本に描かれた絵に色を塗ると、タブレッド越しに3D映像として見え、色はリアルタイムに反映されるようになっています。リアルタイム追跡と着色された図面から変形可能な表面へのトラッキング方法を開発、独自のアルゴリズムを使用しています。

スクリーンショット 2015-10-06 9.27.44

技術的な詳細もPDF「Live Texturing of Augmented Reality Characters from Colored Drawings-Paper(彩色図面ペーパーからARキャラクターへのライブテクスチャリング)」で公開されています。ARアプリのリリースなどは不明ですが、ライブで反映される様子は技術の高さを垣間見れます。

 

リンク

Disney Research » Live Texturing of Augmented Reality Characters from Colored Drawings

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る