CGデータの可視化と奥行きマップされたインタビューを組み合わせたVRドキュメンタリー「CLOUDS」

CLOUDS」は、アーティストやハッカー、デザイナーなど40人を10時間以上かけてインタビューした素材を、リアルタイムの対話型データとして視覚化させたVRドキュメンタリーです。

スクリーンショット 2015-09-09 12.16.52

インタビューは、普通のフィルムではなく、奥行きあるデータ(カメラから被写体までの距離情報)として捉えられ、リアルタイムのVR環境において3Dジオメトリで描画されます。

スクリーンショット 2015-09-09 10.41.37

撮影方法としては、一眼レフカメラとマイクロソフトのKinectを組み合わせて開発された映画制作ツール「DepthKit」を使用しています。これは、簡単に言えば、CGと映像のハイブリッドを表現できるツールです。

スクリーンショット 2015-09-09 11.02.39

CLOUDSは、公開されてる説明動画を見ていただくのがいいかと思います。

CLOUDSプロジェクトは、公式サイトから3日間レンタルで5ドル、無制限アクセスの購入10ドルで手に入れることができます。購入はOculus Rift DK2版とデスクトップ版が含まれます。なお、展示会もやっていて2016年2月15日に東京で開催される「恵比寿映像祭」でも上映されます。

リンク

Buy CLOUDS on VHX

CLOUDS is an Immersive VR Documentary Combining CG Data Visualization & Depth-mapped Interviews – Road to VR

Clouds Documentary – CLOUDS Documentary

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る