2016年発売の「ファイナルファンタジーXV」VRサポートをテストしていた

先週シアトルで開催されたゲームイベント「PAX Prime」で、スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジーXV」のディレクターを務める田畑 肇氏が登壇しました。

11

2016年中に新作「FINAL FANTASY XV」を発売することを発表し、2016年3月には大規模な発表会を予定していると正式に公表しました。この発表会の前にも東京ゲームショウやその他イベントにも参加したいとも述べました。公式Twitterアカウント(@FFXVJP)も開設され、今後FFXVの情報を発信していくとのことです。

一方で、VRのサポートをテストしていたことも明らかにしました。最終的にチームの目標と一致しなかったと説明。課題としてタイトルの長さを挙げました。

スクウェア・エニックスといえば、Oculus VR社の製品版HMD「Rift」のVRコンテンツにも参加予定としていて、VRゲームに関してはVRに特化した内容で望むと推測されます。やはり長時間のロールプレイングゲームにはVRはまだ適合しないということなのかも知れません。

 

リンク

http://www.ign.com/articles/2015/08/30/

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る