低遅延時間で手の動きを追跡、異なる固さの仮想物体の感触も伝えるVRハンドデバイス「Dexmo」の最新映像

Dexta Roboticsは、現在開発中の外骨格VRハンドデバイス「Dexmo」の最新動画を更新しました。

1

新しいビデオでは、Oculus Riftを使用してVR空間で立方体のブロックを生み出したり、掴んで動かしたりして「Hi!」という文字を作成しています。デバイスは5ミリ秒未満のレイテンシ(遅延時間)で手の動きを追跡し、60fpsの光学追跡を提供するといいます。(ミリ秒とは1000分の1秒のこと。)

2

そして、5本の指がそれぞれ独立している高性能なトラッキングが提供されることも主張していて、滑らかで自然な入力を目指します。さらに、Dexmoの特徴である、場面に応じて振動や抵抗感を与え臨場感を高めるフォースフィードバック技術も着々と進めています。すでに、風船と岩といった異なる固さの仮想物体の違いを伝えることにも成功しています。

以前にもいろいろと感触を感じさせるグローブを紹介しましたが、どれも振動がメインでピンと来ないのがほとんどの中、当デイバスは引っ張る抵抗感で調整しているので臨場感ある感触が得られるような気がします。公式サイトでは、プロトタイプF5などの予約注文を受け付けています。

 

リンク

Latest Dexmo Input Glove Features Positional Tracking with Full Finger Input, Claims 5ms Latency – Road to VR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る