独自のバーチャルリアリティ椅子を構築、VR環境をより効率的により快適に

独自のバーチャルリアリティ環境を構築した椅子がUpload VRで公開されていました。

1

それは、自らが座る椅子を中心に、スティック型コントローラを設置するアームレストや、キーボードを置くタブレットマウント 、そして、クレーンのように後ろから吊るされたOculus Rift DK2、配線類もしっかりまとめられています。

ほとんどは金属製のフレームでクランプで止められていて、VRヘッドマウントディスプレイを吊るすツールは、レコーディングとかで使うマイクアームを使用しています。

スクリーンショット 2015-08-24 12.19.01

後ろに重りとなる小さな机に装着させて、椅子の上にまでアームを曲げて伸ばします。先端に吊るされたDK2の接続部分には一番負担がかかるので、ビニールテープで入念に固定されています。

男子なら一度は考えてしまうマイ環境ですね。

リンク

DIY VR: Build your own virtual reality chair – Virtual Reality & Oculus News and Events

Amazon.com: NEEWER Microphone Suspension Boom Scissor Arm Stand: Musical Instruments

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る