シャラポワと対決ができるVRコンテンツ、マーカー付き全身タイツでVR制作の舞台裏映像も

8月31から9月13日にニューヨークで開催の全米オープンテニスに向けて、アメリカン・エキスプレスは、テニスファンの為にロシア出身の女子プロテニス選手「マリア・シャラポワ」とVR内で対決ができるコンテンツを制作しました。

スクリーンショット 2015-08-20 1.13.31

プロモーションとして制作された当コンテンツは、シャラポワ自身の動きを取得しCGに反映させVR体験できるようにしています。舞台裏映像では、複数のマーカーが付いた全身タイツを着ていろんなバージョンを撮影しています。

スクリーンショット 2015-08-20 1.11.39

スクリーンショット 2015-08-20 1.07.33

ユーザーは、シャラポワの毎時100マイルのサーブをラケットを使って打ち返します。コンテンツは、全米オープンの会場内に設置されるので、行かないと体験できませんが、ファンにとったら最高の思い出になるはず。

スクリーンショット 2015-08-20 1.32.00

スクリーンショット 2015-08-20 0.06.56

舞台裏映像を見てみると、いろんな機材を使って顔の形や表情までこと細かく記録していたので、精度の高い実写アニメーションゲームになるのかも知れません。

リンク

At This Year’s U.S. Open You Can Play Tennis with Maria Sharapova | Adweek

Behind the Scenes Making – American Express Fan Experience Virtual Reality Video – Maria Sharapova – YouTube

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る