NVIDIA、VRゲーム開発向けSDK「GameWorks VR」をアルファ版からベータ版へ

GPUの大手「NVIDIA」が、同社提供するVRゲーム向けSDK(ソフトウェアを開発するためにAPIやライブラリをパッケージにしたもの)「GameWorks VR」のベータ版を開始しました。

1

今までアルファ版での提供でしたが、開発者からの意見を反映し改良してのベータ版です。ゲームやアプリケーション向け、そしてVRヘッドセット開発向けにサポートされます。

  • 複数のGPUで1フレーム内のステレオ映像を描画するようサポートする「VR SLI」。
  • VRヘッドマウントディスプレイに直接映像を出力する「Direct Mode」。
  • 待ち時間を減らすためフロントバッファを直接描画する「Front Render Buffering」。
  • 映像を最適化する「Multi-Res Shading」。
  • 頭部の動きに対してつじつまが合っているかのような映像表示をする技術タイムワープを安定させる「Multi-Res Shading」。

が利用可能になり、表示遅延、描画の最適化などVR開発をより快適にするためのセットになっています。ダウンロードはこちらから

リンク

GameWorks VR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る