宇宙をVR体験「SpaceVR」Kickstarterに登場、まずはISS、その後はライブ放送、月、惑星、火星

HootSuiteの創立者・CEOであるRyan Holmes(ライアン・ホームズ)をFounderに、自宅で宇宙を体験してもらうことを目的としたプロジェクト「SpaceVR」が、資金調達のためKickstarterに本日登場しました。

スクリーンショット 2015-08-10 22.23.34

国際宇宙ステーション(ISS)に360度VRカメラリグを運び、そこから映し出される映像をPCやスマホ、タブレットはもちろんのこと、VRヘッドマウントディスプレイでも閲覧できるようにします。

その後、ライブ放送ストリーミングも実施を予定、2017年には「月」、2022年には「小惑星」、2026年には「火星」へと範囲を広げていきたいと考えています。その第一段階として、ISSからの映像を50万ドルの目標で出資を募ります。

5

ペイロード会社「Nanoracks」とも提携しており、3DプリントでISSにカメラケースを持ち込みます。プロトタイプはこちら。

2

250ドルの出資で1年間のVR体験が得られます。(毎週利用のサブスクリプション方式)募集ページはコチラ

 

リンク

Overview One: Explore Space through Virtual Reality! by SpaceVR — Kickstarter

About — SpaceVR

SpaceVR launches a Kickstarter to make virtual reality movies in space | The Verge

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る