PC・モバイルの両方で動作、新型VRワイヤレス追跡コントローラシステム「Ximmerse」触覚グローブもあり

中国に拠点を置くハイテク企業「Ximmerse」は、独自のステレオカメラをベースにした追跡入力システムの開発に取り組んでます。システムは、PC・モバイルの両方で動作すると主張しています。

3
(HMDのフロントに装着するステレオカメラ)

現在、パソコン系VR市場のモーション入力アプリケーションといえば、OculusのTouch、SonyのMove、ValveのLighthouse、が有力としてあります。しかし、モバイル系VR市場では、GearVRのwireless gamepadに限定していて、有力なモーション入力技術を欠いています。

スクリーンショット 2015-08-10 20.13.20

(ジョイスティック)

その中で、Ximmerseは、160度という高視野ステレオカメラをベースにしたクロスプラットフォームの追跡システムを開発したと主張する中国の会社です。コントローラ、周辺機器一式には、IMUと光るオーブ「blobs」が搭載されていて、単一のカメラで、240個の「blobs」を追跡することができるとのこと。

さらに、ワイヤレスで体の動きも追跡できるボディモーションキャプチャデバイスもあり、下記の映像で実証しています。それはモバイルVRプラットフォームの代替入力デバイスとして使用することができると示唆しています。

スクリーンショット 2015-08-10 20.12.11
(中央がボディモーションキャプチャ「standalone」で、動画では胸元にバンドで固定してまいす。)

VR内のオブジェクトに触ると感じることのできる触覚グローブも開発していて、ほかのデバイス同様、GearVRなどのモバイル系でも動作します。触覚グローブの手への触感方法などの詳細は不明です。

スクリーンショット 2015-08-10 20.32.48

これらデバイスは、8月9-13日開催のCGイベント「SIGGRAPH 2015」に出展します。予約注文は近日公開。

スクリーンショット 2015-08-10 20.11.09

 

リンク

ximmerse

Ximmerse Adds Motion Tracking to PC and Mobile VR Using Stereo Camera Tech – Road to VR

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る