中国でVR/ARを取り入れた巨大エンターテイメント複合施設が建設予定

Landmark Entertainment Groupが、中国でVR/ARをふんだんに取り入れた巨大な複合エンターテイメント施設を建設すると発表しました。

33

中には、双方向型の博物館、仮想動物園、バーチャル水族館、没入型映画館、デジタルアートギャラリー、ライブステージなどが設置される予定です。

2

今回のビックプロジェクトにあたり、中国の投資家グループとのパートナーシップを形成し建設に望みます。同社は、過去にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのジュラシックパーク: The Rideや、ターミネーター 2: 3D、スパイダーマン5Dなどを手がけただけあってとても期待されています。

スクリーンショット 2015-06-11 13.48.29

今回の施設はどちらかというと、VRなどにあまり興味が無いファミリー向けといった感じです。一方、スケールとコンセプトは違いますが、VR体験型施設でいえば、以前紹介した「The Void」の方がより専門的です。どちらにせよ幅広い層が体験しVRを知ってもらうという意味では素敵なことです。ぜひとも行ってみたいですね。そして、今後もAR/VRを含めた施設はどんどん出てきて欲しいです。

リンク

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る