スマホで自分の顔を3DスキャンしてVR内に反映させる技術

簡単に3D写真が撮れる無料のカメラアプリ「Seene」が、自分の顔を3DスキャンしてVR内へインポートさせる技術を今年の秋にリリースすると発表しました。スマホで3Dスキャンした自分の顔をVRやゲーム内のアバターに取り付けることが出来る技術です。

11

やり方も簡単。アプリを起動し自分の顔をゆっくり動かしながら撮影するだけ。30秒以内に完了です。

スクリーンショット 2015-05-28 21.40.38

現在、特許出願中で秋ごろにアプリの追加機能として搭載される予定です。

スクリーンショット 2015-05-28 21.44.50

Seeneとは、2013年にリリースされた3D写真が撮れて共有できるアプリで、すでに150万以上ダウンロードされてる人気アプリ。今回の顔スキャン技術に加え、撮影された顔を事細かにエフェクトできるシステムも開発中とのことです。

顔スキャン技術のライブデモンストレーション動画もご覧ください。

 

リンク

source/all photo:Seene: Labs

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る