米学生、VR内でローラースルーGOGOができるゲーム「OculuScooter」を開発

イリノイ大学アーバナ·シャンペーン校のコンピュータ科学の学生たちが開発したOculus Riftを使ったゲーム「OculuScooter」が面白そうです。ローラースルーGOGOをモデルにした作りで、ハンドルと片足につけたローラースケートを使って楽しむスクーターシミュレーションゲームです。

1

ハンドルの正確な角度を検出するため、回転センサを取り付け左右の回転を認識させ、ローラースケートには、LEDとフォトダイオードを取り付け、タイヤに蛍光マーカーを使用して回転毎秒を検出、ゲーム内にワイヤレスで反映させます。

2

それらの機能で、ハンドルを左右動かしながらローラースケートを漕ぐことで仮想移動が可能というわけです。制作価格も安く、ローラースケートに50ドル、マイクロコントローラに25ドル、パイプに20ドルなど、全部で150ドルほどと2万円以下で作り上げています。

ちなみに、この作品は、もともとVR酔いの研究のために作ったそうです。ぜひ動画もご覧ください。

  

リンク

source/all photo:OculuScooter

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る