Oculus VR社、VR内に現実世界のモノを映し出す技術を開発中の「Surreal Vision」を買収

5月26日、Oculus VRは、Surreal Visionを買収したと公式ブログで発表しました。Surreal Visionは、仮想空間に現実世界のオブジェクトを正確に表現する技術に焦点を当てた世界でもトップクラスのチームです。

1

左からリチャード·ニューカム、レナート·サラス·モレノ、スティーブン·ラブグローブの3人の博士によって創業された英国の会社です。それぞれ、KinectFusionDynamicFusionDTAMSLAMなどを開発した実績もあり、その中でも、1つのカメラから撮影された椅子や机、壁などのオブジェクトを認識し、3D内に表現していくSLAM ++技術が注目されています。

スクリーンショット 2015-05-27 9.50.33

  
Surreal Visionも、そういったバーチャルとリアルを結集させた新しい複合現実感、ユーザーにリアルタイムで現実を再投影する技術を開発しているとのことなので、今後、それを含めた新しい技術がOculus Riftにどう影響してくるか、これからの発表がとても楽しみです。VRとARが融合するイメージでしょうか。新メンバーは、ワシントン州レドモンドにあるOculus Researchで開発を続けるとのことです。

リンク

source/photo:Announcing the Acquisition of Surreal Vision | Oculus Rift – Virtual Reality Headset for 3D Gaming

photo:SLAM++: Simultaneous Localisation and Mapping at the Level of Objects – YouTube

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る